パソコンが一家に一台、行き渡っているといわれる現代日本においては、家族の誰もがインターネット接続されたパソコンを使って、さまざまな情報を収集しています。

我が家のパソコン管理担当者
我が家のパソコン管理担当者

パソコンが一家に一台…

■ 39歳 男性の場合
パソコンが一家に一台、行き渡っているといわれる現代日本においては、家族の誰もがインターネット接続されたパソコンを使って、さまざまな情報を収集しています。情報収集のためにパソコンを使うという場合に限定すれば、パソコンを起動してブラウザソフトを開き、自分が探そうとしている情報を検索するという手順を踏むだけでいいのです。

ところが、一度ソフトウェア的なトラブルがあると、情報収集の手順だけを覚えた初心者では解決が難しくなってしまいます。それゆえ、どの家庭でもパソコン管理担当者が自然発生的に存在するわけです。

我が家においては、企業の管理部門に勤務する父親が管理担当者でした。
インターネット回線利用は、無線LANルーター接続での利用だったので、アルバイトをするようになった大学生の私は、自分でパソコンを購入したら無線LAN経由でインターネットを自室で使っていました。
リビングに置いてあるデスクトップパソコンは主に父と母が使っていて、母は基本的な情報収集の手順だけを把握しただけで、保守管理は管理担当者である父に任せていたのです。

母には無線LAN接続設定は困難な事だったらしく、私が大学を卒業した現在でも、父の管理の下で母がインターネットを楽しんでいます。夫婦のコミュニケーションもこまめに取れるので、父は喜んでパソコン管理担当者を引き受けていて、ほほえましい限りです。

Copyright (C)2020我が家のパソコン管理担当者.All rights reserved.